INFORMATIONお知らせ

空港では初!大分空港に紫外線照射装置「エアロシールド」を設置

お知らせ

2020年11月7日、大分空港のターミナル内各所に、エアロシールド株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役:木原寿彦)が開発・販売する紫外線照射装置「エアロシールド」が空気環境対策の一環として導入されました。

■エアロシールド株式会社より ~空気環境対策を社会のインフラへ~
国内外から様々な方が利用される大分空港。大分県は温暖な気候に恵まれ、海や山などの豊かな自然、その中ではぐくまれた安全な食材、貴重な歴史的文化遺産や県内全域に広がる温泉など、たくさんの観光客が訪れます。
その空の玄関口となる大分空港で今回、全国に先駆けて紫外線照射装置「エアロシールド」を導入いただきましたことは、大分県に本社を構える当社にとって大変光栄なことと感じています。
「大分の空の玄関口として、また、公共交通機関の一翼を担う会社として、安全・安心・快適なサービスを提供する」といった経営理念を掲げる大分航空ターミナル株式会社様。
今回、搭乗待合室やラウンジ、中央監視室、航空会社事務室などに合計45台導入いただきました。

紫外線照射装置「エアロシールド」を様々な空間に普及させ、「空気環境対策が当たり前になる未来」を目指している当社にとって大分空港に導入いただいたことは、公共インフラへの第一歩であると確信しております。
感染症対策への意識がより高まっている今、「身近にいる大切な人を守りたい」という素朴な願いから生まれた紫外線照射装置「エアロシールド」。大分空港のご利用者、そして職員の皆さまが安心・安全な環境で利用いただくための環境整備に貢献できることを大変嬉しく思います。

 

詳細&弊社のプレスリリースはこちらから

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000054534.html